FC2ブログ

ひきこもり・疑問など


ひとつ下に書いた内容の補足だけ。



ひきこもり者の犯罪率はとても低いそうな。

なのに、なぜ、最近の二つの事件から
「ひきこもり」に負のスポットが当たりが
センセーショナルに扱われるのか?

それこそが、社会における
「ひきこもり」差別なのだと思う。



よく、どうすればひきこもりが治るのか?
(この「治る」という言い方自体、嫌いだ)
という問いがあるけれど

「ひきこもり」を特別視しない

これが一番だと思う。



先に、「息子の命を奪い、すべてに降参」
「人様に迷惑かけるくらいなら…家族を殺す」
と書いた。

ココだけでも、色んな疑問があふれてくる。

この本人・家族の苦しみ。ずっと閉じて、悩みを
家庭内だけで抱えてきたのか。それともどこかに
相談したのか。過剰な想像だが、この父親は
もっと早い段階でプライド・子への期待を捨てていたならば
状況は違っていたのだろうか。それとも最初からそんなもの
なかったのか。「行政的支援は、まだまだ個を救えない
部分が多いのだろうな」と、多くの人が思ったかな。

「人様にめいわくをかける」のを極端に嫌うのは
やはり日本人の発想か。こういう状況で相談できる
機関はないのかな。(身体的拘束はムズカシイ。
自殺未遂なら、精神病院に入院? 加害の恐れだけ
なら警察は動かない? 青少年のひきこもりには
悪徳業者がお金で動きそうだけど…解決にはならん)

一報を聞いて、この父親は「被害者を出さない」ために
この事件を起こしたのかと思ったが、しばし時間を置くと
それ以上に「息子を殺人者にしたくなかった(息子のため)」
「殺人者の親になりたくなかった(自分のため)」そして
なにより、息子との関係、息子のあれこれを心配する
自分の人生に疲れてしまった・・・のかな、と思った。



加害者になるおそれがあるというだけで
誰もその者を殺してはいけないし、そういう行動を
「わかる」と言ってしまうのは危険だ。

多様性が実社会に根付いているというには程遠く
言葉だけが踊っているような場面も多いけれど
ま、とにかくさ

「ひとと比べてしまう、我々の心性」を認めた上で

「ひとと同じでなければいけない」プレッシャー
(「ひと並でなければ、人生の意味が劣る」的発想)が
悲劇をいっぱい生んでいる~、と

こういう事件からも、学んでいくしかない。

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク