FC2ブログ

ヘビを見た日

夜、テレビの向こうの背広を着た男性が、「宮崎何某の死刑が執行された」と伝えていた。正直、わたしにはどうでもいい出来事であるが、つい先日の、秋葉原通り魔事件のときにも感じた、犯人の内面に通じるかもしれない、わたしのなかのわたしにも説明しきれぬ心の模様を、ふと、また意識してしまった。そしてそれはこの宮崎何某にも、ずっとずっとたどっていけば通じるのかもしれないとの思いに至った。■こんな奴ら(人道に反する犯罪者)は極刑だと、絶対の自信をもっていえる、“良心的”な人間よりも、わたしは、はるかに、宮崎何某や通り魔事件の犯人に近いのかもしれない。(もちろん、わたしは犯罪者でないし、これまでの人生で「人を殺したい」などと思ったことは、ない。わたしの刃は、わたし自身に向いており、それが彼らとの決定的な違いなのだろう)。■先日の「多様化」を求める話は、どこか高い場所からの意見ではなく、わたしがわたし自身の内面にこそ「それが必要」と思い、書いたのである。社会にナニナニが必要という場合、実は、社会なんてまぼろしに求めるのではなく、自分の内面にこそ、それを求めればいいのだろう。

hebi 2 青大将? 
          hebi.jpg 玄関を守るようにヘビがいた (本日午後撮影)


翌日(18日)の追記 
*最近にしては珍しくNHK以外のニュース番組(ニュース23)を見た。そしたら、そこで、「死刑反対論者は遺族の気持ちを分かっていない」「見せしめ、多いに結構」など、なんだか、イケイケどんどん!的な、視聴者の意見が紹介されていた。わたしは怖くなった。その視聴者たちの空気こそが怖くなった。うまくいえないが、そこには、自分のエゴや不安を投影しただけの思いが先頭になって渦巻いているようで。
*わたしは死刑制度に関して、賛成でも、反対でも、どちらでもない。考えたことがないのだ。
*たとえば、子供が被害者になる事件が起きると、「同じような年齢の子供をもつ」親の発言が、説得力ありげな参考意見として、ニュース番組などで紹介される。一見、「被害者家族」に似た環境の者の意見は、“もっとも”のように映る。いや、事実、もっとも、なのだろう。そういったことを根幹に社会は成り立つのだろう。しかし、そういった「情」だけで社会を動かそうとするのはおそろしい。「情」は説得力があり、おおいに参考にすべきだろうと思うけれど、社会を運営していくには、「情」だけでなく、時には「情を押殺して」でも、情を乗り越えたものも、重視されなければならないのではないか。
*先のテレビに紹介された視聴者の意見に戻るが、「死をもって償う」という言葉が、やけに目についた。不思議でたまらん。人を殺してしまったら、なにをもっても償うことなど、不可能ではないのか? まあ、みなさん、「償えるわけではない」とは分かっていて、「少しでも、償いに見せかけられる、それに近い行為」として、「死をもって償う」という言い回しを使っているだけだと思うけど。「死んで償えるものなど、なにもない」と、わたしは考える。
*葬式や法事が遺族のための行いだとすれば、この死刑制度というのも、被害者の遺族&残された社会に生きる者たちのためにある、といっても、間違いではなかろう。
*犯罪被害者家族のなかに、死刑反対の立場を公にしている方がいるらしい。(わたしはよくわからないが、被害者家族のなかでこの立場をとるのは非常に勇気がいるらしいな)。「加害者の本心を知るためには、加害者を生かしておかねば」というような理由らしい。先に書いたように、わたしは死刑制度賛成でも反対でもないけれど、どちらかといえば、この意見に近いかも。
*死刑制度は犯罪の「抑止力になる」という考え方・・・、これ、どうなんだろうな。一歩間違えると、人間のエゴにまみれてしまいそうな考え方だ。

*わたしの深部内面が犯罪者の彼らと通じるかも・・・という話に関し、「(自分のなかにある負の感情を)バクハツするのとしないのとでは大きな溝がある」とか、「そもそもあなたの刃は他人ではなく自身に向かっているのでしょ」などという意見は、ナンセンス。もちろん、「バクハツする・しない」では大きく違うけれど、そーゆー話ではないのだ。また、もちろん、これは誰かを裁いたり、かばったり、の類の話ではない。

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 06月 【5件】
2020年 05月 【62件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク