FC2ブログ

老人界の赤子世代

下書きフォルダーから、そのままアップ①

 。   。   。   。   。   。   。

なにかショッキングな出来事があったのを機に
おのれの人生を見直すというか、軌道修正する
生き方を、殊更、求めていないつもりだけど

結果、そうなった、ということは
わたしの人生にも有り得るだろう。



先日の通夜の晩には、高校卒業以来の
友人たちと会い、それぞれがそれぞれの
人生を歩んできたのだろうなーと
当たり前のことを思ったり

ヒトはそうそう変わらんよ、と、思ったり

それなりにフクザツな夜でもあった。



わたし、40代前半までは
(ほんの何年か前まで)

自分の老いを、実感できなかったの。

同世代の人たちが肉体的な「老い」を
口にしても、どこか、他人ごとだった。

それが、(そういえば老いと直接の関係
ないと思うが、40代半ばで、ぽきっと
メンタルの不調が悪化したことあったっけ)

この数年は、肉体的な老いを
じわじわと(悲観的でなく)受け止めている。

(まだまだ初期段階だろう。ほとんど
老人界の赤子世代、という自覚)



これ、ありがたいことなんだろうなー
(ポジティブ教にかかっていないつもりの我でも)
すなおに思う。

じわじわと、内からの加齢アラームがあり

また、ほとんど実家滞在の
田舎暮らしでは、日々接するヒトの大半が
高齢者であって

しぜん、老い、というものを

外部情報として目にできるのは
心身両面、おのれの予習になる。

(そういえば、先日は、間近に顔寄せて
近所のおじさんから、老いの切実さ
「70、いや、75歳になると分かる」と語られ
その場にいた別のおじさんからも
「そうそう、自分がその身にならんと、分からん」と
ご教示いただいたっけ)



若さというものに無自覚だったというか
さほど(他人比)恩恵を得た実感が
乏しかったからかもしれない。

今、50歳になってほどないわたしは
ますます老いていくという、これからの約束が
たのしみでもあるのだ。

(↑この文章を覚えていたら、十年後のわたしは
なんと言うだろう。

「とんでもない、アンチ・エイジーング!」と叫ぶかな?

「ふふふ、今も、まだ、たのしみだよ!」 と
言える自分であったらいいな。の期待はあるが

そもそも、十年後、自分が生きているという
前提は傲慢だよな。

でもでもでも、傲慢でなくちゃ
生きていけない面はある)

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【54件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク