ともみ@ピクニック

前・つらつら思うこと

「早く人生がおわらんか」寄りの気持ちに
なることは、ある。

「たまーに」のときから、「あれっ、またか」のときまで
頻度はさまざまだけど、まあ、ある。

それは、積極的な死をイメージするのではなく
(つまり自殺する気なんて、さらさらない)

単に、「今の目の前」から逃げたい
ゆえの発想なんだな。

で、そのなかには二つの自分があって

◆目の前の出来事が苦痛

◆自分の頭のなかが苦痛

に区別できそう。

後者は、このブログにも書けないような
超々々ブラックな考え方が走り抜けたあと
であったり

あるいは、人を憎んだり、妬んだりの自分に対して
「もっと別の基準」(あの世とか)で見れば
相手は悪くないと心から思えそうだし
素直に自分を反省できるのではないか・・・ という

妄想というか希望があって、早く
こんな強欲だらけの(業まみれの)自分じゃなくて
それを解消された自分基準になりたい

という思いなんだな。


しかし、まあ、死んだら、ピュアな自分になれる
というのは、わたしの信じている物語のなかだけ
かもしれず、実際は、どうか・・・・・・分からん。

(あの世も、パラレルワールドで、ピュアな道があり
同時に地獄もある、かもしれん)




PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する