ともみ@ピクニック

オリンピックに水をさす勇気

毎週、毎週、土曜午後のラジオで
オリンピックの反対を表明されている
久米宏さん。

御意、御意、御意。

大手メディアのなかで
孤軍奮闘し続ける彼に

応援するヒトも
増えているような・・・。

◆日刊ゲンダイの久米氏インタビュー
「日本人は“1億総オリンピック病”に蝕まれている」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210304/1

上記の記事のなかで、久米さんは
2020年の開会式のあとも、ひとり
「オリンピック反対!」を表明する
御覚悟だと知った。

微力ながら、わたくしも
久米さんを応援いたします。

(ここで「個人を応援」というのは
問題の核心から距離を置いた表現か。

本音を言えば、オリンピックなど
最初からさらさら興味がなくて、わざわざ
反対表明する意欲もない、となる。

なのだけど、諸々様子を見ていると
「2020年のオリンピックはアウト過ぎる」
と、興味のないわたしでさえ思うので

消極的な反対方法というか
久米宏という著名人の名を借りての
わたしなりの反対運動なのだ)

決まったことに、ゴタゴタ言うな。
というのは、日本人の好む考え方で
わたくしもそういう思考をしがちだけど

ここは、「水をさす」勇気を!


よろしければ、こちらもご一読を

◆内田樹のブログ
「街場の五輪論のむかしの前書き」
http://blog.tatsuru.com/2017/07/31_1640.php

◆「新潮45」2015年10月号小田嶋隆さん
「二度目の東京五輪は喜劇として」
https://www.dailyshincho.jp/article/2015/10090845/

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する