ともみ@ピクニック

4.資源と欲

どんな趣旨で書かれたのか、分からぬが
小田嶋隆‏さんがこんなことを呟いておられた。
https://twitter.com/tako_ashi

いくつかの方面から聞いた話では、漁業権を持っている地場の漁師は、免許を持っていない一般のダイバーや釣り人の漁獲に対して、時には暴力をもって報いるものらしいのだが、彼らは、外国の漁業者に対しても「自分たちだけに許された漁業権を犯す泥棒」ぐらいな見方を適用しているのだろうか。

そもそも水産業の多くの部分が自然からの収奪であり、漁業権が、漁業資源が無限だと考えられていた時代に発案された既得権益者擁護の暫定的な独占権であるということに、そろそろ気づいても良いのではなかろうか。

海の家のお兄ちゃんを2期ほど経験した男である私は、海を自分たちの独占的な利益の源泉ぐらいに考えている野放図な漁業従事者に対してはわりときびしい見方をしています。


         *

これ、サンマの漁獲が近年厳しい
日本において、政府とかが
あわてふためいたことを、視野に入れた
ツイートなのかしら?

(日本は、日本の漁獲量が減っていることを
外国魚船のせいにばかりしているけれど
それは一部理由であったとしても、すべての
理由ではないのにね。

足元の反省をしないで、「敵」をあえて表面化させ
国民感情を煽るという・・・・・・、前時代的だよなぁ)

         *

(余談だが、今の時期になり
解凍サンマがよく売っている。
一尾100円くらいで。

サンマ漁獲量は減っているというが
「食べる」には足りる量を
捕っているのではないか、日本。

だって、今の時期に解凍ものが
出回るなんて、去年の余剰品でしょ?

去年よりもっと前のだったら、おそろしい。

さらに、産地が「北海道ほか」と書かれているが
こういう表示って、「ほかって、どこよ?」と
思ってしまい、とても買う気にはならない)

         *

まあ、ウナギは特にひどいとして
マグロをはじめとした、庶民になじみ
深い魚だって、アウトアウトな現状。

近年テレビの食べ歩きバラエティなどで
超人気ものとなってしまった「しらす」も
かなりブラックな漁獲と、最近聞いたばかり。

養殖だって、・・・エサの問題、命の操作、
海洋汚染など・・・、あまり表面化されていない
問題が山積みなのでしょ?

と、こんなことを気にし出したら

食べられるものが極端に減りそうだし

なにより、わたしの「欲」が
目をつむっていろ、(気にし出すと
人生の楽しみが減るぞ)と

意識下で、おどしているのだな。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する