ともみ@ピクニック

1.死刑の執行

**7月13日のおまけ**

毎日まいにち、うんざりする
ニュースが途切れることなく
入ってくるけれど

本日の極めつけは

◎二人の死刑囚の刑が執行されたこと。
◎うち、一人は再審請求中だったこと。

まず、断っておくが、わたしは
死刑制度を是とする考えをアホか!と
思っている人間である。

(理由は過去何度か書いているし
ここでは割愛)

再審請求中の死刑囚への執行は異例であるそうだ。

「執行を引き延ばすために、同じ理由で再審を繰り返す人がいる」と
の見方もあるそうだが、「それが何だ!」と、あえて言いたい。

(袴田巌さんのようなことも、ありますよね。
先ごろは、刑期をとっくに終えた、90歳の女性が
「あたしゃ、殺しとらん!」と、長年、そして今現在も
無実を訴え続けていると知り、がーーーーんっ。
http://www.asahi.com/articles/ASK6J6S2ZK6JTLTB00L.html
・・・なんで再審をせんのだ。司法の闇が窺える・・・)

そして、本日の極めつけの最上位は
◎金田法務大臣が
「誠に身勝手な理由から被害者の尊い人命を奪うなどして
極めて残忍。被害者や遺族にとって無念この上ない事件だ」と
死刑執行命令の正当性を会見で述べたこと。

この法務大臣、ご自身の発言を理解しておられるのだろうか?

残忍な事件であれば、再審請求真っ只中の死刑囚を
殺していいとでも、お思いなのだろうか?

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する