ともみ@ピクニック

燃費の低いボディ

どうして、こんなに燃費の低い身体なのだろう?

(すごく疲れやすい。

人と会ったり、外出したり、一般には
ささいな日常と思われるようなことをしただけで
著しいエネルギーの消耗を感じてしまう)

ということを考えても、仕方ないのだな。


ここに自分がいる。

(疲れやすい自分がいる。そんな自分が生きている)

ただ、それしか、ないのだ。


  。  。  。  。  。  。  。  。  。  。


小池一夫さんの言葉(2017年7月1日ご自身のツイートより)
前に進めないぐらいしんどい時に自分を支えてくれるのは、「当たり前」なンだよね。当たり前に飯を食べる、当たり前に寝る、当たり前に笑う。それができないからしんどいんだよ、じゃなくて、当たり前をどうにか続けることでしんどさが過ぎるのを待つ。「当たり前」は何よりも強いよ。
https://twitter.com/koikekazuo?lang=ja


名越康文‏さんの言葉(2017年6月27日ご自身のツイートより)
自分からエンジンをかけないと、体も心もすぐにすさむんだよ、あっという間だよ。それで世界を見るから八方ふさがりに見えて、暗い知ったかぶりが始まる。
で、起動するためには心身の波をつかむんだよ。必ず心身は波の上に浮かんでいる。ふっと、ほんの少し浮かび上がった瞬間に起き上がるんだよ。

https://twitter.com/nakoshiyasufumi



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する