ともみ@ピクニック

たんたんとロボットのように

6月16日(金) その3

気持ちは動揺しつつも、昔のわたしと違い
即「落ち込み、寝込む」ということはなく

動揺し、ショックを受けた気持ちは
そのままのパッケージを保持し
(瞬間冷凍のような感じ?)

粛々と、庭仕事する午后。

松の手入れ、二本目を仕上げ
三本目にとりかかる。

(先の二本とは種類が違うので
・・・五葉松だっけ? 芽の出方が違う・・・
やや戸惑うが、まあ、マイペースでやってみる。

さほど量はないけれど、目についた
強い若葉に鋏を入れて、木の負担にならぬよう
松ぼっくりの赤ちゃんもとって。
あとは計画外だったけど、混み入った枝を
パツンパツンと切り落とす・・・)



忠実な犬のように、老母が
テレビを観ながら夕飯を待っているので
仕方なく、晩ご飯の支度。

和えもの(ズッキーニ・きゅうり・中華クラゲ)
蒸し焼き(手羽元・ニンニクごろごろ・ブロッコリー)
味噌汁(洗いもずく・木綿豆腐・しめじ)を
たんたんとロボットのようにこしらえる。



夜、気づいたら、たいへん久しぶりに
「生きている」のがイヤになっちゃう
ムードが自分のなかに漂っていた。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する