ともみ@ピクニック

「徒労感」me too

はふぅ、日々接するニュースから
「もやもやもや~」感が募っていて
ブログに書いてガス抜きしたろ! と

時事感想を書き始めたわけだが
たったのワンテーマ
手始めの「学園モノ」を書いている段階で
・・・・・・もう、疲れてしまった。

正直、アタマの整理にはなるものの
「むなしさのようなもの」も生まれるし
「なにやっているんだ、自分」という
気分にもなる。



怒りを通り越し無力感募らす政権だ!
と、文字化する元気があるうちは
時事あれこれ書くことは(わたしにとって)
一種の娯楽でもあるのだよね。

(わたしは正義感で書いているのではない。
しいていえば、正義感を味わうために
書いているのかもしれないが)



金子勝さんは、先週の大竹ラジオで
政権批判することに「徒労感」という単語を
あてていたが、Yes me too と思った。

政権の破綻ぶりを知ることは
国民にとっての徒労であり

それについて考えを重ねることも
徒労。

(すでに、政治に関心を寄せることに無力感募らせ
知ること&考えることを放棄している人も大勢いよう)



しかし

国民を一緒くたにするな。ではあるよね。

ごめん、ごめん。

また、破綻と見るか見ないか以前に

政治の批判をするヒマがあったら
身の回りのことにもっと精を出せ

というのも一理ある。



時事感想のスタートラインであるが
いったん、休憩とする。


***追記***

「政治に関心を寄せることに無力感募らせ」と
上に書いたけれど、これって

“現象”を消費しているだけで
ある種、ワイドショーのスキャンダル的
噛み下しに、近いのかも。

(=わたし自身に当てはまる)

それでも、ま、せっかく
人間社会に生まれたんだもの
まだまだ煩悩で遊ぶじょ~!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する