ともみ@ピクニック

朝焼け

20170522 014

ラジオで、久米宏さんと武田徹さんの
話していたことのメモ ――

コミュニケーションは、「誤解」から始まる。

人と人の関係は、そもそも「わからない」を土台に
しているのに、日本人は「わかりあえる」を出発点としている。

共同体幻想が日本人には強く備わっている。

日本人は会話をしているときも、語尾を上げて
質問調にしたりなど、常に「相手がどう思っているか?」
を気にしている。

日本人、特に今の若い人たちは
「相手と価値感が違う」ことにショックを受ける。

某女子学生、とても仲良しの母子関係にあったが
あることについて母親と話し合ったとき、あまりに
互いの考え方が違うことにショックを受けて
「これが親子というものか」と初めて気づいた。
(これまでは深い話をしないから、仲良し親子であった)

ふーうっ。

価値観の似ている人と仲良くするのは簡単だけど
価値観が違っている人とどう付き合うかが
人生の醍醐味なのだろう。

人間やるのって、むずかしい。

20170522 019


(写真は上下ともに、最近の朝4時半頃。
話の内容とタイトルが全然一致しないけど
まあ、いいか)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する