ともみ@ピクニック

創作・現実・わたし

以前からときどき、こんな考えが
アタマをよぎる。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

国内外のニュースを見て
「アホか、信じられん。嫌になる」と
思うことたびたびであるが

もっと根本的なゾーンで
とらえると、違った見方が
できるかも?

「まるで異次元」という現実を創っているのは
(スピ的な解釈すると)ほかならぬ我ではないか。

わたしの外に「アホか、信じられん。嫌になる」
現実が存在するのではなくて、このわたしが
内部に創作している現実だとしたら・・・。

ああ、混乱。

この方向で考えると

例えば、スノーデンさんの告発している
「世界は想像を超える監視社会になっていて
すでに日本も例外ではない」という話も

わたしの創作した現実で、これって
ちょっとSFチックに走り過ぎてやしないか。などなど。

ああ、混乱、混乱。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

上記のような捉え方をすると
“出来事” に、いちいち反応するのは
おろかしい、ともいえ・・・。

現実に反応するのは、わたしのメインだが
ときどき、上記のような考えもふっと忍び込む。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する