ともみ@ピクニック

(二)コミュ力の真相

わたしは、自分がコミュニケーション苦手なことを
中年になってから気づいた。

初対面の人とでも、そこそこ楽しく
会話などができるから、まあ人並みの
コミュニケーション力はあるのだと
思い込んでいたのだ。

でも、人との交流には
楽しいながら、いつもしんどさが
付きまとっていた。

誰だって、他者と会話するとき
100%の自分を見せるなんて
ないだろう。

(どんな親密な相手であっても。
だって、自分だって、自分のことを
すべて理解はしていないのだから)

だから、ある意味、誰でも
内心を隠して人とコミュニケーションしている
わけなんだけど

それに対する「負担を感じる度」が
人によって違うのだろうな。

(あまり負担を感知しないタイプの人もいれば
ゆりちゃん曰く「内側の人格」が黙っていることに
ストレスを感じるタイプもいるのだと思う。

わたしは、ゆりちゃんタイプ)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する