ともみ@ピクニック

7.ゴーストタウン前

まあ、わたしが日々お付き合いさせて
いただいているのは、高齢者ばかりなので

現在の高齢者たちが亡くなったり
(生きていても外に出られないような状態に
なったり)したら

故郷の姿も変わるだろうなー。

ゴーストタウンっぽくなるかも。

(今だって、高齢者の姿と、登下校の
子どもを除いたら、ほぼゴーストタウン)



車社会の田舎では、まず
人間の姿を見かけない。

たまーに、犬の散歩をする人がいる程度。

あとは、台車のようなものを押したり
大人三輪車や自転車で
畠へ通う高齢者くらい。

あと登下校の子ども。

ごくごくたまに、外で遊ぶ
子どもの姿を見るくらいか。

みなさん、家の敷地から車にのって
お出かけするので、まず、地域のなかで
人間の姿を見ること自体がめずらしい。

そこに高齢未満の人間、当地でいう
「若いもん」であるわたしが
スーパー行ったり畠に行ったりと
自転車にのっている姿は
とてもとても目立つと思う。

畠だって、やっているのは
主に70代、80代なので
(60代や90代もぽつぽつと)

わたしが野良仕事しているのは
とても珍妙がられる。


つづく

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する