ともみ@ピクニック

子スズメ、チュン

5月11日(木) その一

昼の起床、ひきこもり。

ここ数日、縁側に座って
ごおごお風にゆれる木々や
子すずめの戯れを見たり
・・・の日課。

しばらく前は、子ミミズと思われる
まだ白くって細いミミズを、庭の
湿った場所でよく見かけ
世代交代だなぁ、と思っていたが

今月に入ってからやってくる
スズメは超小柄のものばかり。
(親スズメはどこへ?)

しかも必ず2羽一緒にやってくる子スズメがおり
彼らは追いかけっこしたり、くっついてみたり
片方があっちに行ったらもう片方もあっちに行く
なんやかんやと離れずずっと戯れている
様を見ているのは、あきない。

(でも、日に日に、子スズメがそれぞれ
遊んでいる・・・いや、人間がそう見てるだけで
彼らは懸命にエサを探しているのだ・・・時間が
長くなっているようでもあり、我は彼らの成長を
眺める巨大異生物の気分である)

で、今日は、けたたましいチュンチュン声が
するな~と思ったら、子スズメが地面の上で
何者か(ひよどり?)に襲われていて

間一髪、子スズメが、シイの木のなかに
隠れて助かった場面に遭遇。
(はー、息をのむ)

新緑もきらきらしているが

鳥たちも、次世代の成長
いちじるしい頃なのだねー。

(そういえば、毎年、ツバメのために
納屋を開放しているお宅があり、最近
その付近でツバメを見かけるな)

ボクらはみんな生きている ♪
生きているから悲しんだ~ ♪

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する