ともみ@ピクニック

男の子、あらわる

おまけ三


老婆の姓は、早い時点の会話で
M田さん(仮名)ということがわかり

また本人曰く「家は近く」という。

でも、この地域ではM田さんって
何軒もありそうだ。

母は勝手に「お寺の近くのM田さんかしら」
と当たりをつけて、老母に、「M田さんなら
△△さんの知り合い?」とかなんとか
老婆に尋ねて

なんとなく、それで二人の会話が
成り立っていなくもないような・・・。



民生委員のHさんには、電話で
これこれしかじかとお話すると
来て下さることになった。

(ちなみに、我が電話を終えると、母が
あわててどこかに消えた。あとで聞くと
総入れ歯を装着しに行っていたそうな)

しかし、Hさん、なかなか到着せず。

遅いな。遅いな。

そのうち母が、しびれを切らし
近くの通りまで見に行ったかと思ったら

誰かと喋りながら帰ってくる。

「あれ、Hさん、車じゃなかったのかしら」
と思っていたら、母と一緒に現れたのは

二十代くらいの男の子であった。


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する