ともみ@ピクニック

一.感情ロンダリング

老母を隠れみのにして、「~のせい」「~のため」などと
おのれの恥部をブログにだらだら書いていたら、後日
こんな言葉に出くわした。

小池一夫さんのツイート(2017年5月10日)
「人のせいにしない」で生きていくのは、出来そうでいてなかなか出来ない。上手くいかないことは、やっぱり心のどこかで誰かを悪者にしている。それを止めると、心がスッとする。心が洗われる気がする。今日は、人のせい、ではなく、自分のおかげ、と思って生活します。おはようございます。

なんかさー、あれこれ自己防衛の言葉を
並べてみても、結局、心の深いところで
わたし自身が知っていると思うんだ。

自己肯定感の不足が
「~のために」とか「~のせい」という
思考回路を生んでいるのだと。

名越先生は、「感情ロンダリング」という
言葉を使っておられたが

まさに、「~のために」「~のせい」は
感情ロンダリングに他ならないのだよな。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する