ともみ@ピクニック

夜中の闖入者

5月2日(火) おまけ一

夜、あれは十一時頃だったか
風呂上りに庭で涼んでいたら

うちのまわりを人が歩いてゆく気配があって
「こんな時間にウオーキングする人がいるんだ」
と思いつつ、たいして気にしていなかったのだが

その後も、うちのすぐ横の道、あるいは
ちょっと離れたところの道を歩く影が
ぼんやりと見てとれて・・・

(ぽつんぽつんとしか外灯がない。
住宅と畠がランダムにぎゅうぎゅうエリア。
日中はおろか、夜間歩いている人なんて
ほとんどいない、はずなんだけど)

そううち、ふと気づいたら

うちの入り口に、ぼおっと
小さな人らしき影があり

「何だ、何だ」と、恐怖にかられた我は
たまたま手にしていたケイタイの明りを
黒い影のほうに向けたら

その影、じわじわ、こっちに寄ってくる。

(何、何、何・・・。恐い!)

もしかしたら、母の友人の、一人暮らししている
人かもしれない。なんとなく、外を歩いていたら
チラチラと光るものが庭にあり(それは我のケイタイ)
「あっ、△△さん、起きているんだ」と
母と勘違いして、やってきたのかもしれない

と、とっさに考えて

「だーれ、、誰ですか? ねえ、どなた?
だ、だ、だ、誰!? だ、誰なの???」

大きな声で尋ねても、影は返事することなく
こちらにじわじわ近づくばかり。

(ますます恐怖で、パニック寸前)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する