ともみ@ピクニック

ひとり反省会(17年4月下旬)

ひとり反省会を開催します。


先にも書いたが、今年は
過去になくテキパキやったな。

逆にいえば、あまり
ひと鉢ひと鉢の観察をせず
力づくで台をこしらえて
ぼんぼんぼん盆栽や植木鉢を
置いていった式。

毎年、冬支度と、春支度の際
「おだぶつ」になった盆栽と対面するのだが
今期一番、胸が痛んだのは

紅梅の盆栽。

しゅっと、繊細な枝をした
味わい深い盆栽だったのに

・・・気づいたら、化石のようになっていた。

(白梅の盆栽はとうに花を終え、今は
若葉をにょきにょき出しているのに。涙)

あと、これは盆栽ではないのだが
ブルーベリーにも死んだような姿の鉢があり
(死亡解剖のごとく?)幹を切ってみたら
中が空洞になっていた。

むー。

お世話をちゃんとできずにごめんなさい。



ここ数年、「盆栽台を作らねば」といいつつ
言うだけになっていたので、今年は当初から
ありあわせのもので済ませようと思っていたが

とうとう
父ちゃんの製作していった盆栽台が
全て使い物にならなくなってしまった
(経年による腐食である)
(あっ、固定の台が一台だけ、在るか)

ことに気づいた春であった。

(今後自作するとすれば、冬のうちに
作っておかねばならんなー。
材料は探せばあるはずだ)



盆栽&鉢もの台、計10列。

(すべてあり合わせで済ます。
まな板級の分厚いものはそのまま
薄めの板は2枚敷きにして)

そこに載らないのは、例年どおり
コンクリートなどの上に直置きで。

かつては、いちいち重い重いと認識していた
大サイズの盆栽も、「わたしは持てる。
(だって毎年持っているのだもの!)」の
自己暗示が効いたのが

あまり心を騒がせず、たんたんと移動。



さあて、本当にたいへんなのは
これからである。

まあ、ひとまず、今年も庭の
春支度、おつかれさまでした
自分を労っておきましょう。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する