ともみ@ピクニック

一.嘘をつく

夜のラジオで、哲学者の萱野稔人さんと
脳科学者の澤口俊之さんが
「人はなぜ嘘をつくのか」などを話していた。

ふむふむと思ったこと、メモ。


人間はなぜ嘘をつくのか?
脳が嘘をつくようになっている。
進化的に、本質的に。

嘘は高度な言語で考えている。
対人コミュニケーションの戦略の一つ。

4~5歳になると、嘘をつく。
(頭の良い子ほど嘘をつくのが上手い)

相手の立場を予測できないと嘘はつけない
嘘をつくのは、知的活動。

ただし前提として
病的な嘘と、一般的な嘘は区別するべし。

病的に、嘘をつくのが
快感になっている人の脳は特殊。
(嘘をつく→喜びホルモン→嘘中毒になる)

    *     *     *

脳科学者は嘘を定義する際
「当人の経験と、語っていることの
整合性がつくか否か」で判断。

髪を切ってきた人に「似合っているね」とか
相手の持ちものを褒めるなどの、嘘と本音の
境界線あやふやな、無自覚な発言は
「協調性を高める」ための嘘の可能性も。

嘘には二種類あり
・自己利益(正当化)のためのものと
・相手を喜ばせ、協調性を高めるためのもの
これは脳レベルでも判断できる。

協調性の高い人ほど嘘をつくし
また自己中心的な人ほど嘘をつく
両方が成り立つ。

適度に嘘をつくのがよい。
基本的に人間は嘘をつくもの。

人間は「本当のことを言っている」つもりで
嘘をついていることもある。
(すりこみの話を聞かされて、など)

嘘の自覚は必要か? →本来は自覚しているもの。
しかし何度も嘘を重ねているうちに、嘘の自覚がなくなる
こともある。(政治家に多い。と英国の研究)

共同体による、すりこみの嘘もある。
(順応するために、いつしか黒が白に見えるなど)

「自分は若い」と思っていれば、若く
「歳をとった」と思っていれば、老けるよう
脳がおのずとなっていく。

自分の思うとおりに脳はなっていく。
(思い込みにより、相当、脳は変化する)


・・・・下に続く。


2017年4月20日放送、『JAM THE WORLD』 より

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する