FC2ブログ

「きな臭い」誘導

4月14日(金)

昼は初夏の気温だったらしい。

16時半まわっての起床のち
だるだるだる~、コタツで臥せる。

自律神経をゆがめる生活だなぁ。

   *     *     *

トランプさん、(娘夫婦に操られた結果?)
今、万能感にひたっているのではないか。

(しかしまあ、戦闘行為に出て
支持率がたいして上がらなかったのは
米国ではめずらしいらしい。
それでも彼には「支配者」気分を
十分高揚させる体験であったろう)

国内も、安倍さんの
「北朝鮮、サリン弾道」発言があったりして
ほんま「めくらまし」演出、好きな人だな~
と思う。

(北朝鮮になにかあれば、わたしの今住んでいる所にも
難民が押し寄せてくるだろうし、そもそも本気で北朝鮮が
米国に対して怒ったら、あるいは別に怒らなくても
持病の加速というか、孤立・厭世感をますます募らせ
今以上に狂ったら、本来は「駆け引き」の材料に
過ぎなかったミサイルを、ドカンドカンと打ちまくり
一本くらいは日本の原発に命中するかもしれず
そうしたら、もう逃げようがないわけで、わたしは
政府のいう危機管理なんてハナからあてにしておらん)

なんてことを、とろとろ思う。

「きな臭い」ことは、自然発生するのではなく
誰かがしかるべき意図をもち、誘導しているのである。
(昔も今も)。

  *     *     *     *     *

想田和弘‏さんのツイートより
https://twitter.com/kazuhirosoda?lang=ja

北朝鮮が日本の方にミサイルを打ってくるので、日本人は自分らが標的になっていると感じがちだが、冷静に考えると変だ。だって北朝鮮が怖がっているのは、あくまでも米国でしょ。つまり米軍の基地があるから日本に向けて発射をしているわけで。米軍と一体化すればするほど、日本は標的にされる。

ということは、米軍の軍事訓練に自衛隊が参加し「日本と米国は一体ですよ」アピールすることは、ますます日本が標的にされる可能性を高めるのではないか。論理的に考えると必ずそうなる。安倍は一体であることをアピールすることで北朝鮮を牽制できると考えているみたいだけど、逆効果にしか思えない。


  *     *     *     *     *

【4月19日の追記です】

この度の朝鮮半島をめぐる日本の対応につき
韓国は、「日本が危機をあおっている」と
見ているようだ。

参考*共同通信の記事より
https://this.kiji.is/226981897941041158
韓国外務省報道官は18日の定例会見で「仮想の状況を前提にした言及は誤解を招き、平和と安定に否定的な影響を及ぼしかねず自制すべきだ」と不快感を示した。

(「危機感をあおる」と「危機をあおる」は
一文字違いだけど、意味はぜんぜん
違うよね)

「日本が危機をあおっている」とは
内外の客観的な意見であろうと思う。

(危機感をあおる、だけでなく
危機もあおっているのだ)

ところで
韓国にいる日本人の救出とか
北朝鮮にいる拉致被害者の救出とか
日本政府は対策をすすめているらしいが
そんなうまいこと行くのかしらね?

(そもそも、米国に頼って拉致被害者を救出できるなら
何で今まで救出しないんだ?と、単純に思うのだけど)

本当に日本人を守りたいのならば
政府は「余計なことを言わない」のが
一番大事なのではないか。

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2018年 10月 【46件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク