ともみ@ピクニック

ひきこもり・記憶の執着など

4月9日(日)

木曜日の活動の疲れから
(一週間ぶり! の入浴を果たすべく
バスに乗って風呂屋に行ったのをきっかけに
やっとできた外出への喜びと、春への祝福で
くたくた状態で動いていた)

金曜、土曜に続き、今日も一日中寝ている。

まあ、今日の場合は、逃げに逃げていた
「実家に帰らねば」のプレッシャーに
リーチがかかって、その逃避で寝ていた
のかもしれんが。



なんでこんなにツラいのだろう
という自問に若い頃はまるきり
答えられなかったけれど

今なら少し言えそうな気もする。

一.コミュニケーションにおける過剰感受
一.精神的な孤立→自閉の優位
一.自己肯定感の低さ

そして、近年目立っているのは
(最も、自分を煩わせているかも)
一.過去の記憶に執着している

なんだよなー。

上の三つは、開き直ったり
自分をなぐさめ励ますことで
いくらか負担を軽減できよう。

一番の難題は「記憶の執着」だべな。



いまどきの分類でいえば
気分変調症(慢性の軽いうつ状態)で
ときどき「小うつ」状態になる(←今、ココ)と
診断されよう、ワシであった。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する