ともみ@ピクニック

2.恫喝が本格化

森友学園につき、国内外メディアは
「安倍首相および夫人がかかわっていたか?」
に一番の焦点を当ててる印象。

海外の場合は、極右な幼稚園の経営者と
国のリーダーが共鳴し便宜をはかったことに
「リーダーとしての資質を問う」意味で
注目が注がれているのだろう。

片や、国内は、首相の
「かかわっていたなら総理も議員も辞める」発言に
引っ張られて

「ドコドコが問題」というよりは、「かかわり=辞任」に
固執してしまって、なんでもいいから、かかわりが
「あったのか or なかったのか」ばかり注目している。

(いっときは「100万円の寄付」の有無にばかり注目)

ちまちまと法律違反でもないことを追いかけるより、ずばり
「リーダーとしての資質を問う」角度で追求したほうが
報道の意義があると思うんだけどなぁ。

(ある意味でコワい話だけど、「政権交代」世論の醸成を期待)

             *

「森友学園」問題、先週の『報道ステーション』で
木村草太さんが仰ったらしいが

●解明が進まないのは、政府側が記録がないと言っているから
●籠池氏の証言を崩すためには、氏の人格攻撃をせざるを得ない
●国家権力が一私人を人格攻撃するのは常軌を逸した対応
→→ 問い正すべきは、認可を出した官僚・政治の側

ほんと、その通りなんだよね。

(どうして、ココを突けないのだろ? → 書類がないから。
書類が出てこなければ、真相は永遠に闇のなか??)

             *

「官邸は偽証罪をちらつかせて
籠池さんを陥れるのではないか・・・」
という見方に対して、わたしは

それはないでしょ?

そんなことしたら、籠池さん
もっともっと喋っちゃうよ
(先の証人喚問では、複数もった弾のうちの
一部しか出していないと思われる)

そうしたら、官邸自身が困るでしょ!

と考えていたのだけど

いや~、恫喝が本格的になってきたらしいぞ。

籠池さんの証言を否定したいがために
告発の準備をしているというではないか。

(参照 http://www.asahi.com/articles/ASK3Y3VSNK3YUTFK007.html?ref=tw_asahi

あのさ、谷さんのファックスにしても
学園夫人と総理夫人の間で交わされたメールにしても
その他諸々、役人・大臣・総理の発言にしても

「自分たちが出してきたもの」が、結局は自分たちの
首を絞めている事実がいくつもあるのに

ここで、そんな恫喝めいたことを実行しちゃったら
官邸の首をまた絞めることになるんじゃないの?

どうなの、どうなの?

(あのさー、偽証罪の告発なんてしちゃったら
役所や総理夫人も調べられることになるわけで
・・・なのだけど、検察がきばった仕事をできるか
どうかといったら、甘利元大臣のことなどからも
うやむやの官邸寄りの判断をしちゃう可能性は
大なわけで・・・)

わたし、初めて知ったのだが
松井計さんによると
https://twitter.com/matsuikei

証人喚問は、国政調査権に基づいて議院が行ったんですよ。偽証罪での告発も政府は関係ないの。
『各議院若しくは委員会又は両議院の合同審査会は、証人が前二条の罪を犯したものと認めたときは、告発しなければならない』(議院証言法第8条)

なのだそう。

偽証罪は、全会一致で賛成されなければ
告発できないのね。(官房長官が「政府としても
告発に協力していく」的な発言をしていたけれど
これって、かなり問題ある態度じゃないの!?)

「100万円寄付」証言はウソ、を言いたいのなら
そんな面倒なこと画策しないで、手渡ししたとされる
ご夫人に国会に来ていただいたらいいのにね。

(ところで、総理は当初、「妻と籠池氏が二人きりになる
状況自体、ありえない」という趣旨の発言をしていたが
その後、どうしたことか
「密室の二人きりのことは、悪魔の証明」という答弁に
すり替わってきたようで、はて、はてな)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する