ともみ@ピクニック

思いがけないラブシーン

(ひとつ下の続き)

そういえば、大河ドラマ
『おんな城主 直虎』は

脚本家に惹かれ、(そのうち
挫折するかもしれないが)
とりあえず観てみようと

観ていたら、テンポがいいし
厚苦しくもなく軽くもなく
筋を追いやすいストーリーで
歴史モノの苦手な我にもおもしろい。

次回の展開も、ほどよく気になって。

(というわけで、人生数回目の大河ドラマを
今年は挫折なく見続けることになりそう)

で、大河ドラマ

この前の日曜は、直親(三浦春馬)が・・・。

うううむ、あんなラブシーンが観られるとは
思わなかった。

(妻子ある身で、という倫理感もあろうが
わたしは、あれ、すごくよかったと思う。

また、あれを描くことで
直親の覚悟がよりにじみ出るのだよなぁ)

実は、三浦春馬という俳優を、わたしが
(名前こそ知ってはいたが)ビジュアル伴って
把握したのは、カズオ・イシグロ原作のドラマ
『わたしを離さないで』なのだよな。

で、あんな笑顔が出来るのは
『わたしを離さないで』の特殊な役柄だからなのか
とも思っていたのだけど

いやいや、あの俳優さんは
どの役でも、あんな笑顔が出来るのか~
と、今回の大河で知った。

それにしても、わたしにとっては
あのラブシーンは思いがけないことで
(おまけに、来週の展開を想像すると)

「ああ、春馬く~ん(直親よ~)」と
テレビに向かって叫びそうになった。


ところで、『カルテット』も、『おんな城主 直虎』も
高橋一生さんが出ておるね。

(この俳優さんは、ドラマ『民王』の貝原さん役で初めて
知ったのだが、なんか、不思議な印象残す人だなー)

これから益々活躍しそうな俳優さんだ。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する