ともみ@ピクニック

夢のなかでサバ背骨

3月5日(日)一

16時半ちょっと前の起床。

(昨夜は25時台に就寝し一粒服用したものの
眠れないので27時台に、追加の一粒飲んで
・・・医師には一緒に飲んでよいと言われているが
できるだけ服用を減らしたく、こんな時間差を・・・
それでも眠れないなー、と思っていたのだけれど
29時台にはいつしか入眠できたようである)。

          *

きのうは寝つきは及第点とはいえないが

夜食を控え、ヨーグルトドリンク一杯で
がまんしたためか

普段より途中覚醒少なく眠れた。

(時間の長さでいったら、寝すぎですな)

ま、夢はけっこう観たかも。だけど。

目の覚める直前に見たのは

「かぶら寿司(かぶらに魚を挟んだ発酵食品)」を
切っているつもりが、いつのまにか
「サバ棒寿司」を切っており、しかもそのサバは
二枚おろしにされたままのようで
「ひれ」みたいなのを、棒寿司切るついでに
切り取るはめになっていて、そしたら、こんどは
サバに背骨がどーんとついている姿が出てきて
圧倒される・・・・・・ というものだった。

(サバに背骨がついてるの、生々しい映像だったな。
どうも、過日の、「サバを二尾さばいて、作った寿司が
美味しくなかったのは、サバの処理に問題があった」と
悔いている気持ちが、こんなカタチでやってきたのか?
ま、どうでもいいけど)

ちなみに、わたしの夢には色がある。
もしかしたら匂いもあるかもしれない。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する