ともみ@ピクニック

1.情報という反射鏡

「まさか」ではなく

いかにも、そして、やっと
こういうカタチで膿が出てきたのか・・・

と、森友学園がらみのニュースを
興味しんしん眺め、半月余が経ち

いさかか、おのれの面(ツラ)も
いやしくなってきたように感じないでもない
今日このごろ。

          *

あまりに興味がありすぎて
(それに応えるようにネタもありすぎて)
ネットで情報を追いかけたり

(いまだ、TVは手ぬるい。ちょろちょろとした
概要しか伝えていない。証拠のとれている
新ネタはいくらでもあるのに、なぜ横並びで
「報じない」のだろうか? 「鈴蘭会」のこととか
「稲田大臣と森友学園の古い関係」とか
36億円相当の土地を無償でもらって
学校作る予定の「加計学園」のこととか。
報じるネタは、他にもテンコ盛りなのに)

先日なんて、夕方から深夜台まで
各局のテレビニュース比べ
(何番目にどのニュースが、どのボリュームで
報じられるか?)をしてしまい

ちょっとハマり過ぎなのではないか?
と、怖くなったりも。

          *

この数年
ざわざわとした違和感を超える
安倍政権への憎しみのような澱が
おのれの中に、いかに溜まっていたかを

情報という反射鏡によって浴びる日々。

関心を、少し、トーンダウンさせよう。
(でないと、自分が情報過労になる)。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する