ともみ@ピクニック

他者病は、ある種のスペックの弱さ

(ひとつ下の続き)

書いていて思ったのだけど

我がわざわざ心の柱としていることを
しごく当たり前のこととして生きてきた・生きている
人たちもいるのだろうなぁ。

ある種のスペックが弱い、と
自分のことを認めざるをえないわけだが
「まあこれも個性ということで」と軽く
流しておきましょう。

(流すのも、訓練?)

不便でも、こういう自分に生まれついたのだから
工夫しながら生きていくしかない。

         *

しかし

●人と自分を比べない
●人の目を気にしない
●人に自分を理解してもらおうと思わない
●人の口に戸は立てられない(を前提に)

こういうことに関心が向くのは
「自己肯定感が低い」裏返しなのだろうな。

本当の意味で自分が大好きで
自分に自信をもっていれば、こんな
“他者病”になんて、ならないと思う。

         *

はぁー。

(こういうことを、じめじめと
日常考えずに暮らせるのは
ある種のスペックが高い人たち)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する