ともみ@ピクニック

眠り参勤

2月13日(月) その一

きのうは、「夜、しっかり眠る」ために
足りない睡眠にも耐えていたのに

いざ、眠ろうとすると、眠れない。

26時台にはお布団に入って、一粒
しばらくたって、もう一粒、(処方の量)
薬を服用するものの、眠れず
28時をまわって、もう一粒、それでも

眠りに入れず、「あー、しょうがない」と
あきらめの境地でいたら、30時前には
自然と眠りに入れたようだ。

しかし、「薬、飲みすぎ」というのは
体内が知っている様子。

ふらふら、とか、ぼーっと、というより
舌に独特の感覚がのこっているのだ。

それと、脳内の残薬感もあって

プチ覚醒の合間、「もうちょっと寝ましょ」と
言い聞かせ、睡眠界に通ったのであった。

ふうっ。


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する