ともみ@ピクニック

プレーヤー

この世界、自分が唯一のプレイヤーである
人生ゲームという説は、なかなか理解はできなくとも
真実なのではあろう。

その手の(スピ的)考え方に飲み込まれ
逆に盲目になってしまうのは違うと思うし
ほどほどの(必要に応じて)理解でいいんじゃ
ないかな、今のところ、わたしには。

(そして、あなたにとっては、あなたが
この世界の唯一のプレーヤーなのじゃの)

          *

最近、「おお、お仲間じゃ」という
呟きを目にする機会が重なってある。

細かい言い回しは忘れたが
たとえば、こういった感じの話。

“人と会わなくてはいけないときがある。
相手は「朝から夕方までぎっしり用事あるから
夜なら時間とれるよ」というけれど、おいらはね
「夜に約束あるならば、一日中そのための
心身準備をせねばならんのよ” とか

“家に帰ってから、その日、人さまと交わした
会話を脳内反復してのたうちまわる。これを
定例としない人がいるのかぁぁぁ” とか。

わたしは、こういうの、よーくわかる。

というか、これって、「わたしそのもの」だから。

こんな不自由な人間が、わたしのほかにもいるのだなぁ。
ということを、インターネットのおかげでわたしは知った。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する