ともみ@ピクニック

わたしに似た人

(ひとつ下の続きです)


自分と似た人を見て思うのは

(受動的に)傷ついているのではなくて
ほんとうは、自分で自分を傷つけている
・・・深層では好んで自分「が」傷つけている・・・
のだなぁ、ということ。

           *

しばしば、わたしはブログに「自分はほにゃらら」
という内省メモを書くけれど、その多くは自分と似た
他者からの教えだったりする。

(あるいは、まったく似てない、正反対だ、と思う
ような人であっても、認めたくないけれど
似た部分はあって、そういう人からの教えでもある)

           *

自分しか存在しない世界において
人は「自分の存在」を意識できないのだと
どこかで読んだことがある。

(他者なしに自己は存在しないのじゃ)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する