ともみ@ピクニック

シーソーゲームのひと時に

1月21日(土) その三

日本時間でいうところの、夕べの
オバマ夫妻とトランプ夫妻さんが
一緒に居合わせる場面を見て

「苦手な相手だからといって
それを表情に出さないことは
大事なのかなー」と

(今更なのだけど)思った。

わたし、ダメなんだよね。

苦手な相手の前でニコニコできない。

やってみたことゼロではないが
基本的には超下手だと思う。

(好きでも嫌いでもない相手や
なんらかの集合体の前では、思考より先に
ニコニコ表情を出す癖はあるけれど
「この人、苦手だな」と自覚している人の前では
そういった繕った表情ができない)

まあ、もちろん、マバマ夫妻やトランプ夫妻が
互いにどう思っているかなんて、わたしには
知りようがないのだけれど

あの方たちの大人な対応を見て、ちょっと
ビクッとなったのでした。

             *

「来世雪だるま式」の話を、しばらく前に書いた。

辛いとき、わたしは、「来世に問題を持ち越してもいいから
今、この問題を凍結してしまいたい。(具体的には
「問題から目をつむる」とか「問題の相手から遠ざかる」とか)」
と願うのだけど

オバマ夫妻とトランプ夫妻の居合わせた場面を見て
「嫌な相手から目を背けてはいかんのかなぁ」と思ったのだった。

(たった数分のことであっても、それを苦手とするわたしには
すごい大人の対応だ、と思うのだ)

ま、これに関しては、長年
「少しでもココロの和解せねば」という思いと
「無理したくない。これ以上ネガティブにならないよう、逃げる」
という思いの、シーソーゲームなのだけど。

擬似の笑顔なんてクソくらえ! なのか
嘘でもいいから笑顔が大事! なのか
いまだ、わたしは分かっていません。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する