ともみ@ピクニック

TVハシゴ

1月18日(水) その三

たまたまハシゴした夜のTVに
興味惹かれるものがあった。

「ニュース23」では
オリバーストーン監督のインタビュー。

(日本に対する、忌憚なき意見が聞けた。
こういうカタチでしか、日本のテレビ界は
自国政府のおかしさを伝えられなくなったのだなぁ
という思いと、まだ、このインタビューが流せるのだもの
かろうじて自主規制の抜け道が担保されているのだなぁ
という安堵感が入り混じる)

「ユアタイム」では
去年創刊された「ひきこもり新聞」を紹介したあと
「現代型ひきこもりの現実」と名づけた特集で
「“病”ではない、ひきこもる女性たち」を取り上げていた。

そこに見えたのは
高い理想と現実のズレに苦しみ
「閉じる」ことで、なんとか生き続けている人たち。

精神科医の関口宏さんが
「ひきこもりは現代の自己防衛。
心身の深いところから来る
おのれを守る知恵」と仰っていた。

ほぉ、と、わたしが感心したのは
「それも一つの生き方だ、と、周囲が見守ることも必要」
というコメンテーターの言葉。

そっか、ひきこもりも、一つの生き方か。

すでに半分は、わたし自身、その覚悟が出来ているのだけど
あらためて他人がそういう考えを表明している場面に出くわすと
じんわり勇気付けられる。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する