ともみ@ピクニック

ひとりは、ホッとする

1月8日(日)

日が暮れて、散歩がてら
近所におでかけ。

(自転車は、きのう、疲れて
某所に預けてきたのだった)

4、5件の用事を済ませ、帰宅。

       *

いつか、老親がいなくなったら
今は想像するのもおそろしいほどの
孤独な日々を味わうことになる。

人は、「一人」(自分だけ)と、
「二人以上」(自分プラスα)では
精神状態が大きく違うのだろう。

「一人と二人」の差は、「二人と十人」の差よりも
ずっと大きいのだと思う。

それだけ「一人」は重いのだ。

       *

たまたま今日聴いたラジオでも
「ひとりで食事をしている人は鬱病になりやすい」
と言っていたな。

煩わしい、と思っている以上に
実はわたしが老母から受けている
無自覚になりがちな恩恵は大きいのだろう。

頭では「そういう理屈」のようなものを分かっても
なかなか感情が追いつかない。

ひとりは、ホッとする。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する