ともみ@ピクニック

鉄鍋ぐつぐつ

1月4日(水)

お日様を浴びれば、少しは元気になるだろう
と、わかっているのに、着替えるのが面倒で
だらだらだらっと時間が過ぎていく。

西日がだいぶ傾いてから、もみじ
手入れの続き。

「落葉樹は冬に剪定するといい」と知りつつ
「なぜいいのか?」を理解できずにいたが

年末に読んでいた、上条祐一郎さんの
『剪定「コツ」の科学』によると(←良本)
冬は葉を落とし、樹に栄養をたくわえているから
枝を切ってもダメージが少ないという理由らしい。

毎年もみじは
その芽吹きの様が感動的で
ああー、いいねー、きれいだねー、と
眺めているうちに

あれよあれよと、むくむく葉が茂り
そのうちガチャピンのような遠景になり
あまりに風とおしがよろしくない
また害虫被害もあったりして
初夏から初秋あたり、都度剪定を・・・
のルーティーンだったのだけど

はっきりいって、もみじらしい
のびのびした樹形とはいえなかったのだ。

さて、(葉のあるときも、いい加減なのだが)
落葉した枝を整えるのって、どこから手を
つければいいのか、どこをどれくらい整理すれば
いいのか、さっぱりわからなかったのだけど
わからないなりの手入れを、たんたんと続け

日の沈むころ、一本完了。

(これがどういう結果になるか、まあ
半年後ほどのお楽しみである。勉強勉強)

(さいごに全体を見ると、わたしの手入れって
「細部ばかり」見て俯瞰に欠ける特徴ありよのぉ)


夜は、すき焼き。

いつもの「フライパン豚すき」じゃなく
和牛ロースを鉄鍋でぐつぐつなのだ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する