ともみ@ピクニック

無意識という支配者



わたしのなかには「自己愛」以外の愛が
ないのかもしれないと思うことがある。

いや、願望込めた見方をすれば
自己以外の愛を持ち合わせている瞬間も
たしかにあるのだろうが

しばしば、視界から

「自己愛」以外のものが消え失せてしまうのだ。

そしてそのとき、わたしは怒りに満ちている。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する