ともみ@ピクニック

15.宗教組織のない宗教

厄介な話にも触れねばならんな。

さて、ここで誤解しないでください。『コーラン』や預言者の言行(スンナ)をまとめた『ハディース』に記載があるルールや罰則だからといって、それを現実におこなうかと言うなら、無理があるのです。〔改行〕イスラムによって統治されている国ならば、イスラム法どおりに刑を執行することができますし、しなければなりません。〔略〕〔改行〕やっかいなことに、現実には、イスラム国家もどきならありますが、完全なイスラム国家は、この地上にはありません。どの国もイスラム国家を名乗るほどイスラム法が貫徹されてはいないのです。(136~137頁)

(注:省略したが、上記のイスラム国家とは
俗にいう「イスラム国(IS)」とは全く違うことは
当然ながら説明されている)

イスラム学者の中田考先生がおもしろいことを言っていました。エンドアンがカリフ(預言者の代理人としてイスラム教徒の共同体を代表する人)になったらいいんです、と。たしかに、政治家として問題があるといわれていても、「イスラム国」の自称カリフよりははるかにまともなカリフになれそうです。これだけぐちゃぐちゃになって中東の秩序が崩壊しているときに、なにかひとつ秩序のもとになる国がないと、イスラム圏が本当に崩壊しかねないという危機感は、かなりのイスラム教徒に共有されています。(22~23頁)

(エンドアン=トルコの大統領)



まったくの、ど素人の浅い考えなのだけど

<A案>いい加減、中東以外の国が中東にかかわるのを
よしたら、当面は混乱が続くだろうが、しだいに少しは
情勢が落ち着くかも・・・。

<B案>一度開いてしまったパンドラの箱は、元に戻せない。
「世界の警察」的な重石は必要なのかも。
でも、いつまで・・・? 永遠に?

<C案>当事者に任せる、と、良識ある者たちが態度で示しても
その隙をねらう、良識とズレた大国が何をするか分からない。

はてはてはて、どれもどれですのー。
こんな想像をめぐらしても、頭がぐるぐるするだけだ(わたしには)。



わたしから見たら、ピラミッド組織のない宗教というのは
なかなかすばらしい枠組み(組織がないという枠組み)
だと思うし

国ごと宗教がかっていては、(その宗教に合わない国民は)
いたたまれないだろうから、国家としてのイスラムなんて
ないほうがいいんじゃない?

と、単純に考えちゃいそうだけど

そっかー、イスラム国家がないことが、ますます
中東の混乱を招いているのか・・・・・・。

( ↑ 本格的な、正統のイスラム国がない、という意味ね)

アッラーが現れたら、一発で話はつくのだろうけどね・・・。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する