ともみ@ピクニック

情報を読むストレス

これはわたしの個人的な歪みのせい
なのだろう、と、ある面ではいえるが

テレビ局の流すニュースに触れると
かなりの割合で拒絶反応してしまう。

(「やっぱ、その面にしか触れないの?」とか
「事実に沿わないニュアンスが伝わってしまう」とか
「あれは完全に封じ込められたなぁ」とか
「そんなことをそんなボリュームにするの」とか
とにかくバランスがなぞすぎるし、それゆえ
裏読みを深めてしまう →ストレスになる
→拒絶反応のサイクル)

もちろん、伝え方だけじゃなく、第一に
内容そのものにもストレスを感じている。
(「傷つく」という話は過日書いた)

波風立てずに、情報を自分のなかに通すこと
から、まだまだ(はるかに)遠いのぉ。



例えば、本日(12月5日)夜だけに限っても・・・

安倍さんとオバマさんが
真珠湾攻撃の犠牲者慰霊をする
予定を知り

それはそれでたいへん意義深い
ことなのであろうけれど

先月、米政府が日本の
トランプさんとの接触に異議を
申し立てていた事実が明らかになった件は
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201612/CK2016120502000121.html

やっぱり無視されるのね。と、もやもやモードに。

日本のテレビでは
先月のペルーでの国際会議の際
「米国次期大統領にいち早く会った安倍首相は
各国のトップから興味津々の質問をされた」風に
もてはやしていたけれど

実は、あのとき、米政府の不快を買って
調整されていたオバマ大統領との会談が
なしになっていたという・・・。

そして、たとえば
こちらのような捉え方には

絶望的にフタをされるのだよな。

今回の日本の現職総理が真珠湾の慰霊訪問をする
という件につき、「オバマさんが広島訪問するのとセット
になって事前に決まっていた」と読んでいる人もいれば
「トランプさんの件で、オバマさんを怒らせちゃったから
その穴埋めだ」と読んでいる人もいる。

ま、いずれにせよ、「謝罪はしない」と言っているあたりからも、これが
政治的なポーズにすぎない行為というのは明らかなのだけど・・・。
(なのでわたしは大騒ぎするほどの意味を感じてない)

そういえば今年、広島でオバマさんが
核兵器の廃絶の話をしたというのに
その後、「核先制不使用」を検討している
オバマさんに対し、安倍さんは反対の意を
伝えたわけでしょう。
(念のため確認→ http://mainichi.jp/articles/20160816/k00/00e/010/189000c

今度のハワイでも、日米のトップが
一緒に献花する映像を見たとしても
わたしとしては、安倍さんの意図を
腹黒スタイルで読んでしまいそうだなー。


☆後日の追加☆




PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する