ともみ@ピクニック

7)離島

★離島の現状★

本土から来る大型漁船が離島周辺で操業し
漁師の仕事が成り立たなくなっている。

(日本海の対馬、壱岐、太平洋の離島では、外国船よりも
日本の大型船の影響のほうが大きくなっている)

◎韓国と隣り合わせている対馬では◎
地元の漁業者は、シイラ漬けという浮き漁礁を海面に設置して魚を集めているが
海が荒れて沿岸漁業の小型船が漁に出られないのを見計らい
日本の大型巻き網船がシイラ漬けごと、魚群を一網打尽にして
漁具を破壊していくトラブルが頻発

◎壱岐でも◎
クロマグロの資源が減少し、釣り漁業者&釣り人が
クロマグロの産卵期に産卵場付近では禁漁しているにもかかわらず
国内大型巻き網船団は産卵場に集まってきた絶滅危惧種の
クロマグロを一網打尽。

〔地元漁業の圧迫という面だけでも、大きな問題であるが
国境上の島ともなれば、さらなる意味が加わるよなぁ〕

島の漁業を打撃 → 島の人口減少 → 国防上の大問題

離島の特別漁獲枠の設定は、国防上の必要でもある。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する