ともみ@ピクニック

14)漁協

★漁協★

戦後、漁業法の改正
→網元を解体、各浜に漁業共同組合(漁協)を設置し
前浜漁場の排他的漁業権を与える
(沖合いは従来どおり自由な操業OK)

沿岸漁業・・・小さな漁船で地先の漁場で操業
沖合漁業・・・大型漁船で県をまたぎ操業

漁協は(農協と比べてもはるかに)大きな権力をもっている。
→漁業権の実施状況はブラックボックス
(例:漁協に入る漁業保証金は不透明で、説明責任が欠如)

日本の漁業権システムは基本的には江戸時代から変わっておらず
漁船の能力が上がり、効率的に漁をする能力のある現代
制度疲労をおこしている

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する