ともみ@ピクニック

睡眠とオーバーヒート

過日観たTV『ためしてガッテン』の
うろ覚えなのだけど、瞑想を科学的にとらえると
「シータ波」の出現が鍵になるらしい。

たしか、普段はひっきりなしに
前頭葉が海馬に働け指令を出しており
海馬が休まらないのが現代人の疲労に
なっているのだったよな。

そして、シーター波が出るというのは
覚醒状態ではなく、通常は寝ているとき
なんだって。・・・これが出ているときは
記憶の整理がなされているそうで
「夢を見る」こととも関係があるのでは?
と考えられている。

(寄り道話だが、以前読んだ本には
「深い睡眠」と「浅い睡眠」、どっちがどっちだったか
忘れたが、それぞれ「脳の休養」と「心の休養」の
役割があると書かれていたな)

近年、「マインドフルネス」という表現が流行っているが
要するに、マインドフルネスは、前頭葉も海馬も休まって
シータ波が脳内に流れる状態なのかしら? と
わたしは解釈。


なぜ上記の話を書いたかといえば
わたしが熟睡感をもてず、慢性に
「起きると、寝る前よりずっと疲れている」のは

普段のあり様が
マインドフルネスから遠ざかった状態だから
ではないか、と、前々から思っているからだ。

(常に脳内がオーバーヒートしており
睡眠時にも脳が十分に休まらない)

不思議なことに、マインドフルネスを生活に
取り入れていると、ウツや不眠がなくなるとも
聞く。

(それから、かつて座禅にはまっていたときに
体験者から直接聞いた話だが、座禅が深まると
あまり睡眠をとらなくても平気になるそうだ)

マインドフルネスは、睡眠の役割を補う面があり
またそれ自体が、精神とからだに栄養を与えるのだろう。

***

上記を書いたあと、「そういえば、マインドフルネスにつながるような
行動をして、睡眠薬も効かない不眠症だった人が、快眠体になった」
テレビ番組を見たメモを、かつて日記に書いたっけ・・・と思い出し
調べてみたが、すぐには見つからなかった。

「テレビ 睡眠」「TV 睡眠」に限っても、このブログに
相当な回数を書いているのだな~。

ちなみに思い出したメモというのは、こちらの話
http://picnik.blog91.fc2.com/blog-entry-4225.html です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する