ともみ@ピクニック

切れ端ナイト

10月1日(土) その二

ひさーしぶりに雨雲のない
ここちよい天気に誘われて

20161001 057

「海に行こうかな」と、母に告げると
なぜだか彼女も同行することになり、しかも
なぜだか行き先は山へ。

20161001 059

ずんずん先を進む老母。

20161001 060 20161001 061

山のエリアは全然分からないので、同行人についていく。

(イメージしたような山道ではなかったが、ま、初めての場所を知り
これはこれで運動にもなったし、よかったか)

20161001 070 20161001 068

金色のくも糸、大きな蝶、トンボの群れなどとも
出会いました。

その後、山を降り、禅寺のふもとまで行ったのだけど
「疲れたからイヤ(参道を登りたくない)」との老母
案内看板の足元に腰を下ろし、たまたま通りかかった人と
お喋り休憩をして

パン屋さんの外のベンチで
贅沢なリンゴジュースを飲み
秋の午後をたのしみました。

そして同行人と別れ、一人で買い物へ。

お刺身盛り合わせを買おうとしたら、「3時に作りました」シールと
「4時に作りました」シールのものがあり、むむむ・・・と思ったところへ
お兄さんが台車にのせて「5時に作りました」シールのものを
もってきて

(作りたてをアピールしたいのだろうけど、見方によっては
この「何時に作りました」シールって、罪なシステムだわね)

おやおやと台車を覗くと
「山かけ用」のシールを貼ったものもあり
(数種のお刺身の切れ端部分の寄せ集め。
安くてたいへん気にいっている!のだが
いつも売っているとは限らない)

一パックでは思いっきり食べるにはやや足りず
かといって二パックでは多すぎる・・・と悩みつつ
お値段にも誘惑されて、二パックチョイス。

もずく(洗いもずくを、常に冷凍してある)の上に
切れ端のお刺身をのせ、穂紫蘇をちらして
晩ご飯のメインにいたしました。 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する