ともみ@ピクニック

たまご革命

9月28日(水)

たまご革命が、起こりました。

(もともとは、昔テレビで見た情報が
頭に残っていたのだろう・・・)

きのうの昼食は冷やし中華で
ふと思いついた、たまご調理法が
「溶いたのを、レンジでチン」なのだった。

(冷やし中華の具って、丁寧に作ると
時間がかかるのよね。たまごはその代表。
ささっと具をそろえたいときに、錦糸玉子なんて
作っていられない。なので、今までは
錦糸じゃない玉子焼きとか、ゆで玉子とか、ときには
目玉焼き…冷たい麺に熱い具は合いません!…
なんてのを具にすることもあった)

さてさて、レンジたまごさん。

これがねぇ、ラクでいい。
(深めの椀にたまごを割り、さっと混ぜ、レンジへ)

ふわっふわっの仕上がり。
(フライパンで焼いても、こんな柔らかくならない)

おまけに油を使わないし、加熱代もお得。

そして、たまご革命から一日が経った本昼。

あたたかいお蕎麦を主食に
箸休め的なおかずは、たまごサン。

お椀に溶いた全卵に
ゴマちりめんと、シシトウあらみじんを加え
レンジでチン。

きのうの、「たまご一個具なし」は
一分弱の加熱でちょうどよかったので

「たまご二個、具あり」の本日は
加熱時間を長くして、途中一度、レンジから出して
さっと混ぜる技にしてみた。

まあまあ、かな。

きのうほどの感動はなかった。

味としては、ちゃんとフライパンで焼いたほうが
おいしいかもしれない。

一番の利点は、洗いものが減ることでしょう。

わたしは玉子焼き用のフライパンでじっくり
厚焼き玉子をつくるのが大好きだし

そもそも考えてみたら、あわてているときだけ
たまごを焼くのを面倒と感じるのであり
たいがいは、たまごを焼くという行為が好きなのである。

と、いうわけで、レンジ技という
たまご革命は、ほどほどの革命に終りました。


今日は
予報どおり一日中雨の日で
野菜とキノコのマリネを作ったり
小雨の庭で穂紫蘇をとったり。

今月に入ってからの当地の日照時間は
例年の半分以下なんだって。

秋雨といよりも、梅雨のような毎日だ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する