ともみ@ピクニック

ニュース

8月23日(火) その二

今日は、驚く知らせがあった。

昔の拙著を翻訳したいとの依頼があるとは
これまで想像もしたことがなく
もちろん嬉しいお話なのであるが

これは
「次の本(わたしは手伝っただけ)を
なんとなしなければ」のサインなのだろうと

見て見ぬふりしていたプレッシャーが
顔を出す。

(これまでもサインはあって、でもそれをほったらかしに
していたのだ。今回の翻訳話は、次の本を進めるための
催促のためにやってきたのかもしれない)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する