ともみ@ピクニック

とほほ事情

カラダが丈夫、という人のなかにも
それぞれのウィークポイントというのは
あるんじゃないかな、と思っている。

わたしも、頑丈な肉体に生まれつき
ご先祖さまに感謝はしているのだけれど

しばしばこの日記に書いてきたように
すこぶる、口腔内に弱点がある。

歯医者の予約が入っていない期間は
入っている期間よりも、うんと少ないという
ここ数年だ。


前回で、ひとまず歯医者終了のはずだったのが

わたしが「次の(数ケ月後の)定期クリーニングの際には
歯周ポケットの深いところを麻酔掃除して欲しい」と
伝えたつもりが

(数ケ月後ではなく)近々の予約を入れて麻酔掃除して
欲しい、と、先生には伝わったようで

前回の診察で終了にはならず、ま、それならそれでいいかっ
と、わたしも思い、本日は歯周ポケットの麻酔掃除の予定で
歯医者へ出かけた。

だが、だが。

その患部、歯の深いところが割れている!ということが
本日はっきり分かり、麻酔掃除は中止。

(やっても、意味がない、と)

(ならば、今まで別の歯医者で、歯の割れている可能性が
極めて高いと云われつつ、歯周ポケットの麻酔掃除を
してきた経験は・・・・、!!!)

今すぐに、どうする、というわけではないけれど
(過日も別の歯が同様の運命を辿ったわけだが)
いずれ、腫れが酷くなったりしたら、抜かなければいけない
でしょう、っと、先生より、悲しいお告げ。

とほほの、ほ~。

せめてもの治療ということで、かみ合わせ調整をしてもらったので
これで少しでも歯への負担が減ればいいな。


ついで、といってはなんであるが、数ケ月前より
別の部分の(ほんとアチコチ調子が悪い)ブリッジが
糸ようじを使ったときに、たまに動くような感じがあって

(超微妙な感覚であったので、またコワかったので
気のせいかしら? と、とぼけたふりをしていた。
コワいこと、厄介なことには見て見ぬふりしたくなる)

そのことを先生にお話すると、しばし診たあと
「たしかに」という返事が。

(片方が外れかかっていて、片方ががっちり留まっている
ようだということが、診察により判明)

先生いわく、「上手く外れれば、今のものをそのまま
はめ直すことが可能だけれど、もしそれが無理ならば
強制的に外して、ブリッジを作り直さなければならない」と。

そしてがっちり留まっている辺りを、器具でトントン叩いて
刺激を与え、外そうと、何度も試みて下さるのであったが

トントン響くばかりで(そして、それは結構な恐怖であった)
いっこうに、外れる気配なし。

結局、次回、またトントンは試みて下さるそうだが
それでも外れなかった場合は、強制的に外すことに
なるという。(そして、それはブリッジを作り直すことにも
つながるのだな)

あー。

ほんと、とほほ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する