2016/06/04 (Sat) わたしの考える B I (一)

ベーシックインカムという概念を知ってから
もう何年経ったのか忘れたが、そのときは
「現実化」からほど遠いものと認識していたな。

それが、スイスではもうすぐ
その是非を問う国民投票が行われるそうだし
ドイツなどすでに実験的な試みが始まっている
お国もあるらしい。

ベーシックインカムといえば
◎財源
◎労働意識の薄れ

この2つが争点に挙げられがちだけど、わたしは

賛成派の人々が述べているように
年金、生活保護、各種手当てなど、社会保障費を一律
ベーシックインカムにもっていき賄えばいいのでは? と思うし

これにより人間の「働きたい」欲が消えたりはしない
と考えるのだ。

後者について、もう少し、わたしの考えを。

◆労働意欲が薄れるとすれば、それは
「やりたくない仕事」をお金のために働く生き方が
減る、ことを意味するのではないか?
(それのどこがいけないの?)

◆人にはそもそも、なにかをしたい欲があり
ベーシックインカムが保障されようと、働く人は働くのである。
(そのときは、より、自分の望む働き方が実現されよう)

◆世の中には、十分な財産をもっていても
生き生きと働いている方がたくさんいらっしゃる。
(みながみな、お金のためだけに働いているのではない)

◆もちろん、ベーシックインカムの実現で
社会的な労働を一切しない人も出てくるだろう。
しかしこれは、働き蟻の集団で一定数は必ず働かない蟻が出てくる
という科学的な報告にあるように
そういう存在は集団のなかではお約束(必須)なのである。

◆社会的な労働を一切しない人の数が
ベーシックインカムで増えるかもしれないし
あるいは社会全体のストレスが減り(←ここ重要!)
「これまでの社会では働けなかった人」も働けるようになる
かもしれず、その増減は実際には分からない。

◆ベーシックインカムの限定的試みを行っているドイツでは
「働いている人のストレスが減」という結果があるそうだ。

◆近い将来、ロボットが人間の仕事の大半をこなすようになる
と言われているなか、ベーシックインカムという安心材に支えられ
人は魂を傷つけるような労働を減らし、より魂を豊かにする仕事に
近づきやすくなるのではないか。

(上記言い方は語弊があるかもしれないな。「魂を傷つける」なんて
けっこう乱暴な表現だ。でも世の中には、売り上げをもたらすために
「人々の不安を煽ったり」「ウソをついたり、騙したり」という仕事は
なにげに色々転がっていて、そういうのはコマとして分担している
本人には自覚は薄いかもしれないが、徐々に魂を傷つけているともいえる。
その他、忙しすぎて、他人に横柄な振る舞いをするとか
成績を上げるために足のひっぱりあいをするとか、効率ばかりを重視する
働き方では、本人も、まわりにいる人も、知らぬうちに傷つくんよ)

◆それは、文化や芸術、その他いろいろなものの開花につながるだろう。

◆そもそもベーシックインカムは、「労働するな」「お金を稼ぐな」という
施策ではまったくなく、仕事好きな人はこれまでと変わらず働けばいいし
もっともっとお金を稼げばいい。また、もちろん、仕事はしたくないけれど
お金をいっぱい欲しい人も、そのために働き続けばいい。

◆つまり、ベーシックインカムは、視野と生き方を広げこそすれ
けっして狭めるものではないのだ。

◆ただし、なかには「強制されていたほうがラク」という価値感を
もっている人もおり、「人生の選択の増」は、そういう人にとっては
辛い事態になるかもしれない。

◆日本での問題は、現年金受給者や、将来厚生年金を
がっぽりもらえるはずの人々にとっては、ベーシックインカム導入により
収入がうんと減ることになるので、その層の不満があるのかな。

以上、思いつくことを、だ~っと書いてみた。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<瞬間を生きる人 | TOP | わたしの考える B I (二)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://picnik.blog91.fc2.com/tb.php/4537-311f4dac

| TOP |

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
ちちんぷいぷい~。
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

最新記事

過去ログ

2018年 02月 【62件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク