ともみ@ピクニック

西加奈子さん

最近読んだ本メモ

ずっと前にテレビでお姿を拝見し
魅力ある人だなぁの印象をもっていた
作家の西加奈子さん。

彼女の作品を初めて手にしてみた。

●●●

『きりこについて』(小説、平成21年)

超おブスな女の子、きりこ。

しかし、きりこの未来は明るい。

わたしはわたしのきりこにならねば
と、(終盤になるまでは想像もつかない)
読後感をもった。

●●●

『ごはんぐるり』(エッセイ)

最初の一話から、どきゅん!胸をつかれた。

好き好き、大好き。
(この、ごはんに対する熱量・愛情)

しかし、ごはんにまつわる記憶は
おいしい色ばかりではなくて

カイロに住む小学4年の西さんが(彼女はテヘラン生まれ)
サマースクールのあったドイツで体験した話などは
ちょっとせつなくなった。

(全体的に、幼少期の海外での食にまつわる思い出は
せつなくて、見知らぬ少女の西さんを抱きしめたくなる)


小説・エッセイ総じて・・・の感想。

西さんの世界に触れていたら
幸せが伝わってきそうだな。

(彼女は、幸せ電源か?)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する