ともみ@ピクニック

念願カメラ

4月5日(火)

待ちに待った、「水道栓」交換の予定日。

早起きしていくつか作業をしようと野望を
もっていたが、起きるのしんどいモードで
起床はたしか11時台。
(ま、いつもよりは早起きだ)。

(結局、玄関の覗き窓(ちっちゃい硝子)に
「薄いグリーンに白の水玉」の飾りテープを貼っただけ)

そして、午後の早くに、交換の工事の人が来てくれる
はずだったのだけど、電話があって、一時間ほど遅れると。

その間、心が動いてしまったのである。

水栓の壁のところに、タイルかボードが欲しい。

いやいや、これは当初から欲しいと思っていたのだけれど
(水栓のところのみならず、調理台の壁も、水や油汚れに
対処しやすい加工を施したい)

相当なお金がかかるだろうなー、と、あきらめていたのだ。

(なお、現状は、コンクリの壁に自己ペイントしただけ)

なので、調理台の壁には、市販のシートを貼って
水栓のところはそのままかなぁ・・・、汚れたらまたその上から
ペンキを塗る対策かなぁ・・・くらいに考えていたのだけれど

この水栓の壁というのが、ボロボロの壁の上からペイントしているので
「いつ剥がれるか分からない」綱渡りのような姿なのだ。

せめて、この水栓の壁だけでも、水対策のモノを貼れぬものだろうか?

工事の人を待っているあいだに、「貼ってもらおう!」と気持ちは
固まり、結局、その後、工事の人に来ていただいた折

「これこれしかじか・・・・」と、相談。

調理台の壁から一面にパネルを貼るとなるとそれなりにかかるようだけど
(具体的な金額は聞いていない)、水栓の部分だけ、ということなら
水栓の交換工事を含め、一万円でできるでしょう、とのこと。

なお、「今の壁の色のバランスはとてもいいと思うけど、同じ色のパネルは
ないのですが・・・」と。

まあ、それは妥協ともいえぬ、十分な理解の範囲なので、OKさ。

さてさて、せっかく道具をもって二人がかりで工事の人に来ていただいたのに
水栓の交換工事は後日に持ち越し。(だって、いったん水栓の交換をしても
その後に壁のパネル貼りをするときにまた水栓を外さなきゃならないからね)

ふぉぉぉ~。

快適、水栓ライフは、もうちょっと先のばし。

その後、お天気のよさに誘われて、電器屋さんに行き
生まれて初めて、デジタルカメラを購入。

パンフレットを読んだり、店員さんに説明してもらっても
たぶんわたしにはチンプンカンプンだから
一眼レフからコンパクトタイプまで、さっと棚を一巡し
目に留まったものに、すぐに決定。

(キャノンのコンパクトカメラ。去年の型らしく
一万円ほど割引になっていたのと、見た目で決めた)

なんだか、これで胸がいっぱいになってしまい
(というか、もう他にお金を使いたくなく)他に予定していた
買い物は止めて、お水だけを買って、帰宅する。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する