ともみ@ピクニック

十年毎

なーんも己にプレッシャーを与えない
そして感情をつかさどる思考も
あえて動かさない日々のなか・・・

ふーぅっと

今まで不満を溜め込んでいたのかものなぁ
とか

精神哲学を学んで、いくらかのステップを
垣間見たつもりではいたけれど
本性はまだまだなのだなぁ
とか

そういえば、これまでおおむね十年毎に
(小学二年のときに名古屋から北陸に戻り
高校卒業のあと一人暮らしを始めて
それから9年後には正社員を止め、現在でいうところの
ニートとなり、旅人やら物書きやら派遣社員となり
今から10年ほど前には父の命にかかわる病が分かり
まさかの再北陸人となり・・・・そして今に至る)
おのれの転機があったのだなぁ

そっか、そっか十年か、ならば

そろそろ新しい人生舞台に行く頃なのじゃのぉ

(行きたいとか、行かなければ、というのではなく
これまでのおおむね十年毎の変化を省みれば
そろそろ、変化の時期を迎えるというのが、いたって
自然な成り行きなのかもしれない)

な~んてふうに思ったり。

しかし、まぁ、わずかな妄想はするものの
今日の自分、明日の自分を変えようとする
策はないのである。

(そもそも、これまでのおおむね十年毎の変化は
「変わらなきゃ」と意識して起こした変化ではなく
・・・身分も住まいも根こそぎ、己の意思とは関係なしに・・・
気づいたら、まるごとごと変わっていたという感じなのだ)


以上、2016年春を迎えるにあたっての備忘録。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する