ともみ@ピクニック

言い訳がましい反省など

ひとつ下、椎名本でなるほどな、と思ったコトを
メモがてらの文章にしておいたものをアップするとき
「最近はこんな報道もあったっけ」と思い出したので
冒頭にあまり深く考えずに追記したのだが、違和感残るなー。
(← まわりくどくい言い訳だ)

「受験ごときで人生を終るのナンセンス」ではあるけれど
わたしもあれくらいの歳のころは、学校という世界の存在感は
大きかったものなー。

いくら、「点だ、点。時間的にも空間的にも」と言われても
「目の前の世界は絶対」という感覚はしぶといもんね。
(幼少期から思春期までのあいだに、すっかりそういう価値観に
洗脳されてしまうのですね)

大人になれば「学校の先生」なんて吹けば飛ぶような存在だと
分かるけれど、子供の立場から見ると、なかなかそうはいかないもんねー。

進路指導の先生以外の人に相談してみれば、なんてのも
今&過去のわたし自身を見て、困ったときに誰かに相談できた
だろうか? と省みれば、そうそうたやすいことでもない。

などなどなど、大人になったわたしが(老婆心ながらという
逃げ道をつくって)、安易なことを書いてしまったなー
と反省であります。


* 悪者探しをしても仕方ないが、仮にそれをするならば
マスコミさんが報じているように「それは教師&学校」なのだろう。
けれど「この出来事の一番大きな問題となると、答えは違ってくる」
というわたしの考えは変わらないけどね。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する