FC2ブログ

分人(一)

平野啓一郎さんが『テレビ寺小屋』のなかで
喋っていたこと。(文字起こしメモ)


今日は自己肯定をめぐって少しお話していきたい思います。(中略)。僕自身の十代の頃を思い返しますと、小学生の頃はあまりそうではなかったのですが、中学生くらいになると、教室で友だちと喋っているときに、なんか、みんなは楽しそうにしているんですけど、オレは本当のところ、余り楽しくないなと、みんなが「これいいよね」といっているほど、なんかいいなと思っていないボクがいるというような、ギャップを感じることが増えてきたんですね。いきなり、それで学校に行かなくなっちゃうとか、過激な行動にはでなかったんですけど、幸いにして学校には行っていたんだけど、なんとなくちょっと満たされないものがあると。

それでちょうどその頃に、ボクの場合は本を読むことにだんだん夢中になってきまして、そうすると自分の感動が本を読んでいるときとかに余りにも大きくて、他方、学校にいるときはなんとなくちょっと満たされない思いというのを抱えていましたから、自分はやっぱり、家で本を読んでいるときの自分こそが本当の自分で、学校にいるときは学校の友達に合わせないといけないから、調子を合わせて、まあ演技をしているというんですかね、仮面を被って上手く友だちづきあいをやっているんだというようなことを考えるようになりました。

それがボクの十代の頃、続きまして、当時はそんなこと感じているのはボクだけじゃないかと感じていたんですが、みなさんもご経験あるかもしれませんが、後で聞くと、多くの人が実は学生時代は楽しそうにしているけど、結局は場の空気を読んで、あまりそれにハズれたことを言ってもいけないし、それに同調するようなことを言っていて、どっか本当の自分を生きていないような感情を抱いていたというふうに、あとから友だちから聞いたこともありました。

ここに「社会」というものの、根本的矛盾があるわけでして、ボクたちは自分の個性というのを生きたいと、みんな「個性が大事だ」と当然のように知っているわけですが、その一方でどこに行っても「オレはオレ」「ワタシはワタシ」で、「まあボクこんな性格だからヨロシク」っていきなり言われるとですね、言われたほうはちょっと嫌な感じがするわけです。押し付けがましいといいますかね。やっぱり個性も大事かもしれないけれど、協調性だって大事だし、バラバラの個性の人が生きていくためには、なんらかの一般的な様式に従って生きなければいけないんじゃないかと、それは常識なのか、マナーなのか、あるいは場の空気なのか分かりませんが、そういうものがあるじゃないかと、みんな感じるわけですね。


つづく・・・

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【52件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク